« ハゲに気づいた日・・・ | ホーム | 石油系シャンプーをアミノ酸系シャンプーに変えてみました!実際に使っているのは・・ »

2015年1月 5日

部下が私の頭のことをネタにしているのでは?と思ったとき。

髪の毛が薄い男は、ネタにされたりバカにされることがありますよね。
「ネタにされて構わない・・・むしろ不快に思われるよりはマシ」と思う人もいるかもしれませんが、
やはり薄毛を気にしている人は本気でイヤだと分かって欲しいですね。

私の部下もどうやら私の薄毛をネタにしているようです。

この前、たまたま出先から早く戻ったら誰もいなかったので探したところ、
給湯室に事務員と部下の男が4~5人集まって、ワイワイ盛り上がっていました。

何を話しているのかな?と思い、声をかけようと思ったら・・・

「やっぱ髪の毛の不自由な方は?」
という部下の声。
軽い爆笑の後、
「ストレートにおハゲになっている方でいいでしょ(笑)」
という事務員。

私は何となく予想がついたけど、何食わぬ顔で近づきました。
「ただいま。何の話?」

すると部下の1人があわてて、
「あっ、部長!おかえりなさい」
「何の話をしていたんだい?」
「えっ・・・いや、その・・・『薄毛の人に対する敬語の呼び方』って何があるかな~って。」

私はちょっと笑って、
「あっ。そうそう、これ、コピーお願いできるかな?」
と仕事を再開するふりをしたのですが、内心はモヤモヤ。

部下に薄毛をネタにされる上司・・・。

一番最悪のパターンだと思いました。

恐らくハゲというのは、お笑い芸人などが自虐的ネタで使っていることが多いので、
一般的に笑いのツボになりやすいのでしょうね。

私は若いときから薄毛で悩んでいて、コンプレックスでしたが、
あえて自分からハゲをネタにして、笑いを取っていた時期もありました。
コンプレックスを笑いに変えることで、自分自身が楽になるんです。

しかし、ある部下に、
「そんなにハゲをアピールされても、対応に困るから止めて欲しい」と言われたこともあり、
正直、どのようなスタンスでいればいいのか分からなくなりました。

もう部下にネタにされたくない!

こうなったら、もう本気で育毛治療していくしか方法はない!と思って、
改めて育毛についての情報を探しているところです。

このブログ記事について

このページは、ochiが2015年1月 5日 22:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハゲに気づいた日・・・」です。

次のブログ記事は「石油系シャンプーをアミノ酸系シャンプーに変えてみました!実際に使っているのは・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。